保存・修復

美術品は手から手へと引き継がれる中で破損が生じたり、経年によって劣化していきます。

又、住環境の変化と共にその装丁も変わっていきます。

これは最適な保管状態を保っていても避けられるものではなく、いつか補修・修理が必要になってくるものです。私共は、そのような美術品を文化資産として後世に残すため、美術品の修繕や保管についての知識を広める啓蒙活動や美術品修繕のご相談窓口サポートを行っています。

 

ご相談いただいた美術品に最適な修繕保管方法をご案内できる専門家のご紹介を行っていますので、お手元の美術品に関してお悩みの方は是非ご相談下さい。

ご相談窓口

お電話:0120-255-105

メール:info@art-inheritance.org

*当協会では修繕についてのご相談をお受けし、専門家をご紹介しております。修繕は請け負っておりませんのであらかじめご了承下さい。

© 2018  Japan Art Inheritance Association All rights reserved 

お問合せ : 0120-255-105