美術品継承

美術品は私たちに歴史やそれぞれの時代の人々の暮らしや感性など、多くを物語ってくれる貴重な文化資産であり、次世代へ繋いでいかねばならないものです。かつて美術品は代々家屋と共に引き継がれ、後世に伝えられてきました。ですが、時代の移り変わりとともに私たちの住環境は多様化し、戸建てからマンションへと変化している中、従来のように美術品を継承していく事が難しくなりつつあります。その結果、作品の価値がきちんと評価されないまま廃棄されたり、ネットオークション等で安価な価格で販売されてしまうのが現状です。私共、日本美術継承協会はその現状を変えるべく、今一度文化資産としての美術品を見直し、その価値を正しく理解して次世代へと受け継いでいく継承活動、「継活(ケイカツ)」を提唱し、その啓蒙活動を行っています。

美術品の売却、処分、査定など、ご相談を受けつけております。

​お持ちの美術品についてお悩みの方は是非ご相談ください。

ご相談窓口

お電話:0120-255-105

メール:info@art-inheritance.org

過去のイベント

2019.02.16-02.17     「えにしをつなぐ ~静岡流「継活」のススメ~  in  静岡」

© 2018  Japan Art Inheritance Association All rights reserved 

お問合せ : 0120-255-105